✈️飛行機代が1万円!?    また旅いってきます?✨

  LCC(格安航空)を使いこなして 毎月お得に海外に行って楽しんでいます。       これから旅好きになりたい人へ新しい発見などを共有しているブログ。

【 完全版 】JETSTARの飛行機に乗り遅れそうな時の安心ガイド 〜 失敗をした時こそチャンス! 振り返りで人生を好転する〜

こんにちはウオシャンです^^

 

やってしまいました。w

 

昨日の日記に書きましたが、予定では今頃は

 

沖縄の空気を吸っていた予定でしたが、

 

今日は、乗り遅れちゃいました。

f:id:uocean:20160603175933j:plain

でも実は、もしかしたら間に合うかもしれなかったんですよね。

 

今朝、気付いた時に すぐにコールセンターに電話で確認してみたのですが、

JETSTARのコールセンターはAM 9:00前だと英語対応のみになるみたいで。。。

 

正直、間に合うかどうか分からない状態でした。

で、改めて後ほど、日本語デスクに色々と確認してみました。

 

 

以下まとめになります。

 

 

 

搭乗ガイド完全版 ( 2016年6月3日 現在 ) 

JETSTAR(ジェットスター) 編 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:uocean:20160603175406g:plain

 

 

▼コールセンターについて

                             www.jetstar.com

 ・コールセンターはAM9:00以降は日本語対応デスクにつながる。

  (それ以前は英語対応です)

 

▼変更について

 ・出発便の2時間前まで 変更手続き可能

 ・WEBからの変更手数料:3240

 ・電話での変更手数料 :¥4320

 ・空港受付での変更  :¥3000 *( 空港の判断にはなるが次便があれば )

 

   同じ時間帯の航空券でも、日程変更の際に購入した際の航空券代との

   価格差がある場合とそうでない場合があるので要確認。

 

▼チェックインの締め切り時間について

 

【 国内線の場合 】 

f:id:uocean:20160603172123p:plain

 

オーストラリア国内線のフライトは国内線ターミナルから運航していますが、一部、国際線ターミナルから運航する場合もあります。ご予約便の詳細につきましては、旅程表をご確認ください。

日本国内線およびニュージーランド国内線につきましては、すべてのフライトが国内線ターミナルからの運航となります。

 

とのことなので、基本的には出発時間の30分前でチェックインカウンターの受付が閉じられて( 自動受付機も閉じられる )

15分前には搭乗ゲートが閉じられるということです。

 

 

【 国際線の場合 】

f:id:uocean:20160603172333p:plain

f:id:uocean:20160603172409p:plain

 

  つまり JQ 787型航空機による国際線は出発時間の60分前で

  チェックインカウンターの受付が閉じられて( 自動受付機も閉じられる )

  その他のアジア路線などは出発時間の45分前までにチェックインが必要。

     15分前には搭乗ゲートが閉じられるということです。

 

 

▼WEBチェックインについて

 

 ウェブ・チェックインをご利用いただける場合

 

 ウェブ・チェックインをご利用いただけない場合

  • お子様や特別介助が必要なお客様
    (車椅子をご利用のお客様、追加の座席が必要なお客様、視覚または聴覚に障がいのあるお客様、同伴者なしでご搭乗の未成年のお客様)
  • 代金のお支払いが完了していないお客様
  • ジェットスター・パシフィック航空(BL)をご利用のお客様
  • 非常口列座席のエクストラ・レッグルーム・シートをご予約のお客様
  • ジェットスタースタッフの搭乗予約

 また、国際線に関してはWEBチェックインをすることで、

 Email宛に、搭乗券の引換券というものが届いて、それを印刷して

 チェックインカウンターに持っていき搭乗券に引き換えてもらう必要があります

 つまり、WEBチェックインの意味がほとんどなさげです。

 

 国内線に関しては、WEBチェックインをすることで、

 Email宛に、搭乗券が届くので、それを印刷したものを持参して

 機内に預ける荷物が無い場合はそのまま搭乗することが可能です。 

  

なので、今回 結論からいうと

 

自分は、出発30分前くらいに空港に到着する時間であっても。

ダッシュで空港に向かい、その移動中にWEBチェックインをして

それを空港についたら、ネットプリントやプリントスマッシュを使用して

印刷したものを持参すれば、預け荷物もなかったので、

そのまま搭乗ゲートに行けば、飛行機にギリギリ間に合ったことになります。

 

 

今回、飛行機に乗れなかったことが、なんとなく残念な感じでしたが、

その後、次はどうしたら乗れるのか、

どういった場合は乗れないのかが整理できたので、スッキリしました。^^

 

皆さんも、僕の失敗からの学びをうまく活用してみてください。w

 

 

今日も読んでくださりありがとうございました。